高山祭屋台会館へようこそ

高山祭屋台会館へようこそ

高山祭実物屋台展示

高山祭の実物屋台を常設展示している施設は、高山祭屋台会館だけです。当館で高山祭をご覧ください。

一般に高山祭といわれるのは、春(4月14日、15日)と秋(10月9日、10日)の年二回あるように思われがちですが、春と秋では、お祭を行う神社も地域も屋台も全く違います。春は日枝神社、秋は桜山八幡宮の例祭です。

古くから飛騨の国は、大和朝廷ヘ、税のかわりに匠(たくみ)を毎年送り出しました。選ばれて都ヘ出た匠たち(毎年100人~130人)は、奈良の都の宮殿や、お寺の建築に従事してその腕をふるいました。

匠が都ヘ送られた期間はおよそ600年、延べにして7、8万人の飛騨人が一年間都で働いたことになります。この人たちを総じて「飛騨の匠」と呼んでいます。

飛騨の国には、今もこの匠たちの長い伝統と、培われた技術が脈々とうけつがれていますが、中でも江戸時代後期に、大輪の牡丹のように花開いたのが高山祭の屋台(国指定重要有形文化財)です。

高山祭屋台会館へお越しくだされば、いつでも本物の祭屋台をご覧になれます。

駐車場の案内地図はこちら

屋台概要

入替実施後の屋台4台の概要ご紹介  
入替実施日:平成29年3月26日(日)雨天時 4月2日(日)
(屋台の展示入替は、3月下旬、7月下旬、11月中旬の年間3回予定で執り行っています)

布袋台(ほていたい)HOTEI-TAI

天明年間の創建とされ、布袋の操り人形を主題にしてこの屋台が建造された。布袋和尚と唐子2体は、操り手綱36条と9人の綱方を要とする極めて複雑巧妙な、からくり人形で、離れからくり人形中日本最高のものである。

布袋台(ほていたい)

布袋の操り人形

鳩峯車(きゅうほうしゃ)KYŪHŌ SHA

創建は延享4年で、その後天保8年に再建されたのが今の屋台であり、特に中段の前面には雲龍、側面には明人遊苑図の刻糸幕、後面見送りは綴錦のササン朝モードの樹下仙人美人図の垂幕は稀品中の稀品である。

鳩峯車(きゅうほうしゃ)

明人遊苑図

行神台(ぎょうじんたい)GYŌJIN-TAI

この屋台組一帯が人家のなかった頃、一人の行者が住みつき、やがて人家が建ち並ぶようになったと伝えられる。その徳を偲び、役の行者を祀る屋台にしたと伝えられている。
出入り口は前にあり、戸は開戸で、中段に朱塗り玉垣をめぐらし、上段勾蘭四隅には五鈷(ごこ)を差すという他の屋台とは異なった形態である。
※五鈷―金剛杵(こんごうしょ)の両端が五叉に分かれたもの。

行神台(ぎょうじんたい)

行神台の人形

神馬台(じんま)JINMA-TAI

創建年代不詳。明和6年に再建。安政年間に改造され、現在の屋台の素構となっている。白馬と白鳥姿の馬丁2体の人形を取り付けています。中段の紫鱗紋織の大幕に左右側面に2個づつ後面に1個の般若面を大きく刺繍しているのが印象的である。

般若面を立体的に刺繍

般若面を立体的に刺繍

御輿(みこし)MIKOSI

日本一の大神輿と言われ、重さ2トン半、80人の肩のそろった担ぎ手が必要と言われています。精巧さにおいても日本一の御輿ですので是非ご覧ください。

御輿(みこし)

日本一の大神輿

高山祭屋台かんかん・桜山日光館(二館共通)入場料金

大人 900円(税込)
小・中学生 450円(税込)
身障者 450円(税込)
高校生 550円(税込)
団体(20名以上) 800円(税込)
小・中学生(20名以上) 400円(税込)

駐車料金のご案内

駐車料金のご案内
普通車(1時間) 300円(税込)
マイクロバス(1時間) 400円(税込)
大型バス(1時間) 800円(税込)
  • 普通車駐車場 50台駐車可
  • 大型車の駐車は駐車スペース5台の為要予約
  • 大型駐車料金は屋台会館に入館の場合は無料