高山祭屋台会館へようこそ

高山祭屋台会館へようこそ

高山祭実物屋台展示

高山祭の実物屋台を常設展示している施設は、高山祭屋台会館だけです。当館で高山祭をご覧ください。

一般に高山祭といわれるのは、春(4月14日、15日)と秋(10月9日、10日)の年二回あるように思われがちですが、春と秋では、お祭を行う神社も地域も屋台も全く違います。春は日枝神社、秋は桜山八幡宮の例祭です。

古くから飛騨の国は、大和朝廷ヘ、税のかわりに匠(たくみ)を毎年送り出しました。選ばれて都ヘ出た匠たち(毎年100人~130人)は、奈良の都の宮殿や、お寺の建築に従事してその腕をふるいました。

匠が都ヘ送られた期間はおよそ600年、延べにして7、8万人の飛騨人が一年間都で働いたことになります。この人たちを総じて「飛騨の匠」と呼んでいます。

飛騨の国には、今もこの匠たちの長い伝統と、培われた技術が脈々とうけつがれていますが、中でも江戸時代後期に、大輪の牡丹のように花開いたのが高山祭の屋台(国指定重要有形文化財)です。

高山祭屋台会館へお越しくだされば、いつでも本物の祭屋台をご覧になれます。

駐車場の案内地図はこちら

屋台概要

現在展示中の屋台の概要紹介
入替実施日:平成29年11月12日(日)
(屋台の展示入替は、3月下旬、7月下旬、11月中旬の年間3回予定で執り行っています)

金鳳台(きんぽうたい)KINPŌ-TAI

上段には桜山八幡宮の御祭神応神天皇のお母様である神功(じんぐう)皇后様とその臣下である武内宿禰(たけのうちのすくね)の人形を取り付けている。
また欄間には彫刻の名手谷口与鹿(たにぐちよろく)の手による四季の花が描かれています。
金鳳台(きんぽうたい)

金鳳台の人形

鳳凰台(ほうおう)HOU-OU-TAI

創建年代は不詳、嘉永7年に378両をかけ大修理を行っている、その後、明治43年に再度大修理が行われ、総坪3万坪という金具(但し金具の1坪は約3cm四方をいう)と、7尺の欅の大材で彫られた谷越え獅子の波渡りは、高山の屋台彫刻中最大のものである。

鳳凰台(ほうおう)

谷越え獅子の波渡り

仙人台(せんにんたい)SENNIN-TAI

高山の屋台中ただ一台の屋根が唐破風で、古い形態を残している貴重な屋台である。
昔「粂の仙人と美女」の操り人形があったが、風紀上よくないという代官の差し止めにより現在は祭神として仙人像が飾られている。

仙人台(せんにんたい)

粂の仙人と美女

行神台(ぎょうじんたい)GYŌJIN-TAI

この屋台組一帯が人家のなかった頃、一人の行者が住みつき、やがて人家が建ち並ぶようになったと伝えられる。その徳を偲び、役の行者を祀る屋台にしたと伝えられている。
出入り口は前にあり、戸は開戸で、中段に朱塗り玉垣をめぐらし、上段勾蘭四隅には五鈷(ごこ)を差すという他の屋台とは異なった形態である。
※五鈷―金剛杵(こんごうしょ)の両端が五叉に分かれたもの。

行神台(ぎょうじんたい)

行神台の人形

御輿(みこし)MIKOSI

日本一の大神輿と言われ、重さ2トン半、80人の肩のそろった担ぎ手が必要と言われています。精巧さにおいても日本一の御輿ですので是非ご覧ください。

御輿(みこし)

日本一の大神輿

開館時間
  • 通期(3月~11月)の開館時間 9時~17時
  • 冬季(12月、1月、2月)の開館時間 9時~16時30分

高山祭屋台かんかん・桜山日光館(二館共通)入場料金

大人 900円(税込)
小・中学生 450円(税込)
身障者 450円(税込)
高校生 550円(税込)
団体(20名以上) 800円(税込)
小・中学生(20名以上) 400円(税込)

駐車料金のご案内

駐車料金のご案内
普通車(1時間) 300円(税込)
マイクロバス(1時間) 400円(税込)
大型バス(1時間) 800円(税込)
  • 普通車駐車場 50台駐車可
  • 大型車の駐車は駐車スペース5台の為要予約
  • 大型駐車料金は屋台会館に入館の場合は無料